未分類

ウェブマネーは様々なサイトの買い物や料金の支払いに使えます

現金を使わずにウェブマネーを入手する裏ワザとして人気です

3。お小遣いサイトから換金する方法
ポイントサイトなどのお小遣いサイトを利用して貯めたポイントでウェブマネーを購入できます。

他にも普段使っている色々なサイトでポイントが貯めて、お小遣いになるポイントタウン。ウェブマネーに100円分から交換できて、現金を使わずにウェブマネーに交換する裏ワザです。
ポイントタウンの登録や利用は無料なので、気軽に試せますね。

2。買い物や利用料金などを支払いをするサイトで、支払方法に”ウェブマネー”を選択します。移動したウェブマネーのサイトでプリペイド番号を入力、またはウォレットのIDとパスワード、セキュアパスワードを入力して支払います。

2。ウェブマネーサイトのウォレット(お財布機能)にチャージして使う方法
誰でも無料で登録できます。クレジットカードやauかんたん決済、ネット銀行、コンビニの代行支払いでポイントをチャージ、またはプリペイド番号を入力することでも入金できます。最大10万ポイントまでチャージ可能です。

・ウォレットとは?
ウェブマネーサイトのウォレット(お財布機能)は誰でも無料で利用できます。クレジットカード、auかんたん決済、ネット銀行、セイブンイレブンの代金収納、プリペイド番号を入力で最大10万ポイントまでチャージ可能です。支払いの際は、ウォレットのIDとパスワード、セキュアパスワードを入力して支払います。
クレジットカードのチャージ単位は3000、5000、7000、10000、15000、25000ポイントです。
auかんたん決済は加入年月と年齢によって変わります。20歳未満は3000円まで、20歳以上は5000円から1万円です。チャージ金額は1ポイント単位で決められます。

WebMoneyギフトカードは、購入時には個人情報は不要ですし、利用時も直接オンラインサイトで番号を入力して使うことができます。もし、残高を使い切らないうちに番号を紛失すると、追跡することはできません。カードの紛失には十分注意するとともに、登録が必要となってしまいますが、ウェブマネーウォレットやカードケースアプリなどの利用をおすすめします。

ウェブマネーはお店で購入したりウォレットのチャージも簡単で、ネット上の色々な支払いで気軽に使えて便利です。
支払の際にクレジットカードの入力に抵抗がある場合や、カードを持てない未成年でも現金代わりに使うことができます。
ネットの支払い方法に迷ったらウェブマネーを選択すると良いですね。お買い物やサービスの支払いに使ってみましょう。

・お小遣いサイトのポイントタウンがオススメ
お小遣いサイトは、様々なサービスの利用でポイントを貯めて、銀行口座に現金や電子マネーに交換できるサイトです。
中でもポイントタウンはウェブマネーに100円から最も少額で交換できます。

ウェブマネーカードは、コンビニやドラッグストア、ブックストアなどのPOSAカード取扱店で販売されています。ただし、店舗により取扱のカード種類は異なります。購入時は、レジで支払いを行うだけでよく、面倒な個人情報の入力などは一切必要ありません。

・プリペイド番号とは?
コンビニなどで買ったウェブマネーの用紙に書かれている番号です。ウェブマネーの支払いページでプリペイド番号を入力すると支払いできます。残高が0になるまで使えて、購入金額に足りない場合は”あと〇〇ポイント必要です”と表示されるので別のプリペイド番号を入力すれば追加できます。
さらにサイト上で”残高引継”を使うとプリペイド番号に最高10万ポイントまで足すことができます。

ウェブマネーは様々なサイトの買い物や料金の支払いに使えます。オンラインゲーム、SNSやブログ、動画、音楽、電子書籍、ショッピングなどネットでお金の支払いをする環境で利用できます。日本の代表的なネット支払方法のため、ウェブマネーを使えるサイトは次々と増えています。

ウェブマネーカードは、直接オンラインで使用することも、すでに所有しているウォレットなどに追加やチャージすることもできますが、注意点や一部に制限もあります。

1。支払い分のウェブマネーを用意する。
買い物や利用料金に必要な金額のウェブマネーを、お店で買ったり、サイト上のウォレットにチャージして用意します。

ウェブマネーはお店で買ったり、ウォレットにチャージする他に、お小遣いサイトで購入する方法もあります。
現金を使わずにウェブマネーを入手する裏ワザとして人気です。