未分類

paypalとは デメリット

paypalとは デメリット

以上、PayPal と Stripe の比較でした。どちらが良いかは一概に言えません。メリット・デメリットを良く検討してどちらを導入するか、それとも両方導入するか判断して下さい。

J-Coin Payは、みずほ銀行が運営する送金アプリです。送金機能以外に対応している加盟店での決済に利用できます。銀行の口座と紐付けすることで、支払いや入金がスムーズにおこなえます。チャージした残高を口座に戻す時に手数料がかからないのが魅力です。また、みずほ銀行をはじめ、50以上の地銀が加盟しており、規模は拡大中です。一方で、J-Coin Payは後発のサービスのため、利用者や加盟店が少ないため使い道があまりないというデメリットがあります。

そんな PayPal にも当然デメリットはあります。

Paypalにプールしている残高から外貨での支払いも簡単に出来ますが、レートが普通のクレジットカードでの外貨支払いよりも悪いです。

とは言え、10万円以上で手数料無料だったり毎回入金手数料がかかる他サービスに比べれば、Paypalは良心的でしょう。

楽天ペイは、楽天が運営している支払いサービスになります。スマートフォンの電話帳と同期して、楽天ペイの利用者を探したり、連絡先を知らなくても専用リンクを作成してリンクを送るだけでお金の受け渡しができます。楽天サービスとの相性がよいのですが、入金方法が限定されています。楽天カードかフリマアプリ「ラクマ」の売上金からチャージするか、ほかの人から送付してもらわないとチャージできません。また、現時点では日本円に出金できないのも大きなデメリットです。

仕事上で海外のサービスを利用することもあり、Paypal決済を使うことがよくあります。

では、Stripe のデメリットです。

よろペイは、シンプルでスマートにお金の貸し借りができる送金アプリになります。お金の貸し借りをメモとして残せるので、いつでも簡単にお金の貸し借りを把握できます。グループ単位で管理できるので、飲み会やイベントでの集金にも役立ちます。期日を設定すれば、返済や集金期日が近いことを自動で知らせてくれるのも便利です。送金手数料が無料で、相手がアプリを利用していなくてもゲストとして登録しておけば、お金のやり取りができる手軽さもあります。お金の貸し借りをスマートにできるアプリですが、決済機能がなく、残高を出金するときに一律330円(税込)の手数料がかかってしまうのがデメリットになります。

今回は、ネット通販における決済方法の種類や、それぞれのメリット・デメリットについて解説しました。

また、銀行口座に払い出すタイミングは自動化できないので、手動で行う必要があります。5万円未満では手数料250円が掛かるのもちょっとしたデメリットです。ここも Stripe は自動で手数料もないのでメリットを感じるポイントでしょう。

スマホ決済のデメリットをあえて言うならば、一括払い以外に対応している会社が少ないことです。家電などの高額商品を扱う事業者であれば、クレジットカードの「2回払い」や「リボ払い」に対応している方が、一括で支払うことができないユーザーにも購入を検討してもらえるキッカケとなるからです。

Kyashは本人確認せずに、送金できるアプリになります。登録すると発行されるバーチャルカードを介して、電子マネーを個人間でやり取りします。VISAとMastercardと紐付けすれば、簡単にチャージ・送金ができます。オートチャージと手動チャージの両方に対応しているので、コンビニや銀行に行ってチャージする手間が必要ありません。KyashはKyash独自のオリジナルポイントがあるので、クレジットカードでチャージすればポイントの2重取りとなり、よりお得になります。一方で、Kyashはチャージしたお金を出金できないというデメリットがあります。残高はVISA加盟店ならどこででも使えますが、現金として欲しい方には不便な点です。

PayPayとLINE PayなどのQRコード決済は、電子マネー決済と比べて手間がかかるデメリットがあります。

売上をすぐにでも自分 (会社) の銀行口座に入金したい場合には大きなデメリットです。この点、Stripe は即日から売上を手にすることができます。