未分類

ペイパルは決済の安全性に優れています

ベリトランスはペイパルの決済導入パートナーです

ペイパルはあくまで決済サービスではありますが、オンライン銀行口座のようなシステム要素もあり、ユーザーはアカウント(口座)にお金を保持したり、引き出したりできるようになっています。アカウントへの入金=振込みにはクレジットカードを使用し、出金=引き出しは銀行口座へ、という形となります。つまり、ペイパルは、ペイパルアカウント、クレジットカード(またはデビットカード)、銀行口座があれば直ぐに利用が可能です。

Paypal(ペイパル)とは、ペイパル社が事業者と消費者の間に入ることで、オンライン上でデビットカードやクレジットカードでの決済、銀行決済を安全に行うことができるサービスです。

ベリトランスならペイパル決済だけでなく、クレジットカード決済をはじめとする日本国内向けの豊富な決済手段に加えて、海外顧客からのニーズの高い「銀聯ネット決済」 や「Alipay国際決済」なども一括導入可能。事業者様の海外展開やインバウンド対応を強力にサポートします。

お客様がご利用になられるサービスと料金が確定し、仮予約が完了いたしますと、予約金(申込金)のお支払い手続きとなります。クレジットカードでのお支払いを希望されるお客様は、PayPal(ペイパル)サービスでのお支払いをお願いいたします。Paypal手数料として、別途5%を頂戴しております。

ペイパルのユーザーは事業者にクレジットカード番号などの決済情報を伝える必要がありません。一方、事業者側はクレジットカード決済や銀行決済をスムーズに導入できるメリットがあります。物販やデジタルコンテンツ販売のECサイトはもちろん、予約や事前決済が必要なホテルや飲食店といった業態でも活用することが可能です。

お持ちのアカウントへ送金があると、ペイパルから入金案内のEメールが送られてきます。入金されたお金はアカウントに保持されます。アカウントに保持されたお金は、銀行口座へ移動する=引き出すことができます。引き出す際の手数料は、日本国内の銀行口座に5万円以上を引き出す場合は無料です。5万円未満を引き出す場合は 250円の手数料がかかります。つまり、引き出し手数料を無料にするには、アカウントに5万円溜まってから引き出せば良い、ということです。

ベリトランスはペイパルの決済導入パートナーです。事業者様はベリトランスと契約するだけで、スムーズにペイパル決済をはじめとしたさまざまな決済手段を導入できます。前述の通り、各種通貨で支払われた売上金はベリトランスより日本円で一括入金するため、事業者様での外貨換算は不要です。

ペイパル公式サイトにログインし、お持ちのアカウントにある送金機能を使って送金します。送金先はメールアドレスで指定します。クレジットカード情報を入力する必要はありません。送金した金額はペイパルを介してクレジットカードから引き落とされます。

2019年の調査では、モバイルでの決済方法においてペイパルが世界で最も利用されていることが分かっています。

ペイパルのメリットは、セキュリティや利便性、入金サイクルのスピード、海外対応などさまざまです。それぞれ順番に解説します。

特にECはスマートフォンでの利用が増加していますが、ペイパルのような簡単な決済方法があれば顧客への効果的な訴求材料になるでしょう。実際、大手ショッピングサイト20社におけるアメリカのユーザー100万人を対象にしたリサーチでは、ペイパルでのコンバージョン率は88.7%と、他の決済サービスと比べて60%以上高かったというデータもあります。

ペイパルを使った支払いでは、受け取り側にクレジットカード情報は渡らないため、支払い側は安心して送金手続きができます。送金手続きで必要な情報は受け取り先のメールアドレスのみ。代金を受け取る側にはクレジットカード情報の取り扱いが不要という点が大きなメリットです。

ペイパルのオンライン決済サービスは、ペイパルサイトにアカウント(口座)を開設することで利用できます。ペイパルでの送金は、支払う側と受け取る側の両者がペイパルのアカウントを持ち、アカウント間で送金のやりとりをする、というしくみとなっています。お金のやりとりは各ユーザーが持っているアカウント間で行われるため、アカウントを持っていれば送金する側にも受け取る側にもなることができます。例えばオークションサイトを使う際、ある時は商品を買って支払い、ある時は商品を売って集金、という具合です。

ペイパルは決済の安全性に優れています。

お買い物の際、決済方法でPayPal(ペイパル)を選択します。